スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

「正直な想いが欲しい」 こくはく レビュー

「正直な想いが欲しい」 こくはく レビュー

SOUND♪WING 様から2009年9月14日に発売された

51ZjtJ1wS2L.jpgこくはく をプレイしました

淡い塗りの可愛らしいヒロインたちです

最近の立ち絵からして主張が強い(それが悪いというわけではない)
ゲームとは違い、立ち絵が主張しすぎていないので
それ以外の要素に意識を傾けやすいんですね

通常こういったサウンドノベルゲームにおいて
一番意識が行くべきはシナリオになるのでしょうが
このゲームにおいては「声」がメインになります

このゲームのウリは何と言っても
キャラクターの音声を自由にキャスティングできる
ヴォイスキャスティングシステムでしょう

参加している声優は
・ 辻 あゆみ
・ 能登 麻美子
・ 堀江 由衣
・ 平野 綾
以上の豪華メンバーです


登場ヒロインは4人いて、
一応便宜上各自に担当キャラクターが割り当てられているのですが
ここで、他のゲームとは一線を画したポイントとして挙げられるのが
先に挙げたヴォイスキャスティングシステムになります

ところでなんでヴォにしたんだろうボじゃだめなのかな


ともかく、各ヒロインの声は
4人の声優による4通りのパターンが収録されています
4人のヒロインの声を、自分が好きに決めることができるわけですね
ここで面白いのが「各ヒロインの担当声優は重複できる」こと

つまり
こくはく

こういうことができるわけですね
僕はこのままゲームを始めました



プレイ時間について

驚くほど短いです
とはいえ無駄を極限まで省いたらこうなるんだろうなといった感じ
普通にプレイしても30分もあれば終わります
そのお陰で何度でも繰り返しプレイができます

このサクサクプレイできるスタイルに、
主張しすぎない立ち絵、必要最低限のBGMが相まって
声に集中できる環境が整えられているといえるでしょう

シナリオは一本道です
主人公がヒロインの一人に告白されてから始まる
各ヒロインからの度重なる告白

主人公が葛藤し、一人のヒロインを選び抜くまでが
このゲームの全体像になっています

担当する声優によってキャラクターに
違った思い入れをもつこともあるでしょうし、
それを踏まえたうえでもこの長さぐらいなら
飽きっぽい人にも向いていると思います

これなら「買ったはいいけどやる時間ないし……」といった
積みを重ねることもなく空いた時間の片手間にもできる
お手軽さも兼ね備えた「こくはく」

興味のある方は是非一度プレイされてみてはいかがでしょうか

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。