fc2ブログ
 

時が苦痛ってのを洗い流すなら タイムマシーンに乗って未来にワープしたい

時が苦痛ってのを洗い流すなら タイムマシーンに乗って未来にワープしたい

[日記]
何日か前に読み終わっていたもの
ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/12)
桜坂 洋

商品詳細を見る

ラノベもバカにできないね!

難しいことはわからないけれど、独自の世界観を作る著者としては
読み手が読み進める上で、話の展開上であったり設定であったりで
違和感を抱かせなければ上等なんだから、それでいえば今作は良作

続編なしの1冊だけという制約の中で必要な部分だけを取り上げて
無駄な箇所は上手く省いて、読み進めるうえで何ひとつ引っ掛かるところなく
スムーズに読み進めることが出来る
僕のような、戦闘描写とか武器の説明とかゴチャゴチャされても
基本的にうざったく感じるだけの人間でも気にならない程度の
必要最低限にして、それでいて迫力を失うこともない簡潔な武装や戦闘描写

読者に頭を使って考え込ませる作品は推理モノであったりミステリーであったり
そういったジャンルのものだけで十分
今作は物事の過程を親切丁寧に進めて理解させてくれるので
必要最低限の読解力があればその世界観に浸らせてくれます

今作は所謂「ループモノ」

主人公キリヤ・ケイジのやっていることは、言ってしまえば
アクションゲームのキャラクターがやっていることと同じ
それがマリオであったり、高橋名人であったり、カービィであったり
どのキャラクターにしても敵からダメージを受けて体力を失えば
またスタート地点からやり直し、プレイヤーはそれまでの経験を生かして
同じ敵を倒して未だ見ぬ先の世界へ進んでいきます

主人公であるところのキリヤ・ケイジは
そんなアクションゲームのキャラクターになぞらえて捉えることができる
一度死んでしまったら終わり、ではなく
スタート地点に戻ってまたやり直し
その記憶と感触を持ちながら、またリスタート

ループ現象の謎の種明かし描写が秀逸なんじゃないだろうか、この作品
ただループモノであるがゆえの説明ではなく、ループの謎を解くことで
敵の目的がただの侵略目的ではないと気づかされたり、
敵の不気味さ・不確かさが増して表現されていたり
読み手にも緊張感を与えてくれる。実にグッド
しまった 無駄に長い

そういえばループモノが大好きなくせにまだ
ケン・グリムウッドの「リプレイ」を読んでないんだよなぁ
明日にでも本屋で探してくるかなぁ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索