スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

DDDの話

DDDの話

DDDっていったら、ほら、あれさ
ダンスダンスダンスじゃないよ
[日記]
―信じられるか? こいつ、昼すぎから22時まで
  ずっと携帯アプリで遊んでたんだぜ?―

携帯アプリ、電池の消費も早いし出先でやることでもないので
今まではなかなか触れることもなかったんですが
そんな俺が気まぐれで携帯アプリに手を出すことにしました

もともと性格的に何だかいろいろと動くのが億劫で面倒くさがりなんですが
それがいつからか加速したようでして

コンシュマー機の電源を入れてテレビのスイッチを入れて、
眼鏡をつけないとテレビが見えないので眼鏡をして
コントローラーを持ってプレイする

たったこれだけの工程が面倒になるまでになってきました

そこで携帯機に触れるようになるわけですが
DSですら、持ってると重いしだるいんです
それに今は携帯ゲーム機といっても
内容が充実して密度の濃い作品が世に出回っています
もうストーリーを追うのも面倒だと言い切れるぐらいになってきました

そんな中、2日ほど前から手を出してみたのが携帯アプリです
以前からも大富豪や神経衰弱、ポーカーのようなもので遊んではいたんですが
もっとテレビゲームっぽいゲームとでもいうんでしょうか
そういうのを探そうかな、と思ったんです

そこでたまたま手を出した作品に当たりがありました
あくまで個人的に、ですが
大体俺のお気に入りは世間的に不人気って傾向があるんですが
今回はどんなもんでしょうね

以下長いので追記へ
文章を短くまとめられない子はこれだから



ドキドキダンジョン wikipedia(以下DDD)
株式会社ウインライトさん開発
携帯ゲーム業界のことはよくわからないのですが
もしかしたら名の知られたところなのかもしれません
大まかなあらすじは
wikipediaか公式サイト(ウィキペから飛べるかな?)の方をご参照くださいな

そういった前情報なしにDL購入するのが俺です
・・・見逃してたけどDDDの3.5なんてあったのか
後で買っとこう

最初に購入したのがDDD3
最新ですね(とDLした時点では思っていた)
ゲームシステムはお馴染みとなった自動生成ダンジョンタイプ
基本的にトルネコやシレンなんかの元祖自動生成ダンジョンゲームは
あんまり好きじゃなくて、大体途中で投げ出すことが多かった俺です
柚木りんこさん(個人的には初めて聞いた名前です)の描いた
キャラクターデザインが気に入ったからってのがDLするきっかけかもね

携帯ゲームということもあって? 尺は短め
使用されている画像数も1エピソードに1枚と、枚数的には少ないかもです
クリアー画像目当てでやる人にはお勧めできないかも?

このDDD3
本作以前の1、2、2.5とはシステムが違うことがウリになっていたようですが
そこまで調べて買ったわけでも、
それ以前の作品をやっているわけでもない俺には関係なしですね

DDD3のウリはなんといっても
特徴の異なる10種類の味方キャラクターが登場、
敵味方それぞれ最大30体ずつが各々自動的に戦闘を行う、
いわゆる「ゴチャキャラバトル」を採用していることじゃないでしょうか

画面中に可愛らしい敵味方キャラ入り乱れての戦闘システム
この戦闘システムが結構本格的に遊べるもので感心した
単なるCG集めだけのゲームとは違うんだなぁ的な意味で

このDDD3、ハマりにハマって4週クリアー
1週クリアーするごとにシナリオの追加があったんだよね
それがハマる要因になっていたし、何より途中で
シナリオ分岐(最終的には同じ一本のルートに戻るけど)があって
それが3ルートあってね、せっかくだから3ルートとも見ておきたいじゃないって気に

この面倒くさがりが、わざわざ全ルートプレイっていうと
なかなかないですよ 本当に

アイテム合成とか強化とか面倒くさい要素は適当なところで切り上げました
そこそこ強い部類の武器防具を装備してるとは思います
3週目後半ぐらいからはほとんど魔法詠唱ばっかしてたなぁ

DDD3をそれなりに遊びつくした後に手を出したのがDDD2
DDD3にも少しだけ出ていたジュエル王国を舞台にしたストーリーです
こちらも同じく自動生成ダンジョンシステム
3と違うのはプレイヤーひとりでのダンジョン探索になることです
主人公のトパーズは魔法が使えません
3で魔法を使うのが楽しくてしょうがなかった身としては少し物足りないものの
特定の武器を拾うとひとりでどれだけの敵もなぎ倒してくれる
トパーズの活躍っぷりを見ていると些細なことに思えてきました

少し頑張れば人間離れしすぎる域まで強くなれるトパーズ
魔王軍総がかりでも苦戦しそうな気がする

最後に購入したのがDDD2.5
2と同じジュエル王国を舞台にしたストーリーですが
こちらはモンスター側からの視点で話が進みます
主人公はローパー 触手うねうねなモンスターですが気のいいやつです
割と些細な中傷で傷つくナイーブなやつでもあります
鞭と盾を装備して人間相手に奮闘します
なんかなんともいえない絵になりそうですが
こちらのローパーも特定武器を拾うと
天使から死神までなぎ倒せるナイスガイになります

戦闘システムは2と全く同じ
2や2.5の戦闘システムは単調になりそうで
面白いと感じるかは人それぞれになりそうです
落ちているアイテムの良し悪しでゲームバランスが全然変わってくるところは
まさに不思議のダンジョン風って感じでしょうか
武器にはクリスタルをはめ込む穴があるものがあり、
それに各種クリスタル・・・攻撃力アップとかですね・・・をはめ込むことで
強化できます
これは最新作の3にはないシステムですね
その分、こちらにはアイテムの合成システムがありません

上記DDDシリーズは売り切りコンテンツなので
月額いくら、みたいなシステムがあんまり好きじゃない自分には嬉しいところでした

これだけハマったゲームはここ数年なかったかも
といっても大げさじゃないかもしれない
かもかもばっかりですね

さて・・・DDD1も買うべきかなぁ
2と2.5は1週終わったらもう繰り返し遊ぶ必要もそんなになかったし
1もそんな感じかも?
俺はトパーズ無双やローパー無双するためにもたまにやるつもりですが

何はともあれDDD3.5を買ってきます

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

なんかこのGYOSHA素敵

そしてさらに目が悪くなって妄想でゲームをやる生活に・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。